耐震診断を行なう

耐震補強工事を行う際は、始めに耐震診断とよばれる診断を行なう必要があります。耐震診断では、住宅に不足している耐震性を確認し、どのような工事が必要かを判断します。

Read more

耐震性を高める工事

耐震補強工事は、住宅の建築資材によって大きく変わります。コンクリートや鉄筋などを使用した住宅は耐震性を高める工事を行なう事は難しくありませんが、木造の住宅では耐震性を高める工事が難しくなってきます。

Read more

住宅の基礎

耐震補強を行なう必要がある場所は何歳か存在します。例えば、住宅の基礎と呼ばれる土台となる部分の補強工事が必要です。住宅の基礎となる部分は、住宅全体を支えるのに必要になる部分です。

Read more

補強をする部分

住宅の耐震性を高めるポイントは5つあり、耐震補強工事に大きく関わってきます。この5つはそれぞれ地盤、重量、壁、床、接合部分と呼ばれています。補強工事を行なう際は、これらの部分を確認して工事が行われます。

Read more

耐震性に優れた住宅

日本では、過去に阪神大震災や新潟県中越大震災、東日本大震災など大規模の地震災害に見まわれました。
日本には活火山が多く存在しているので、地震大国となっているのです。
そのため、地震が起きた際に備えて耐震補強工事を行ないたいと考えている人は多く存在し、需要が高まってきています。
耐震補強工事は、リフォームと呼ばれる住宅改修工事の一種で、この工事を行なうことで住宅の耐震性を大幅に上げることが出来ます。
住宅の耐震性を上げることで、安心して住宅に住むことが出来るので大変人気のある工事となっているのです。
耐震補強工事の大きな目的は、住宅に住む人達が安心して暮らすことができる住宅を作る事です。
耐震性を高める為の工事は、依頼する施工業者や住宅の規模によって大きく変わってきます。
そのため、耐震補強工事を行なう際は、しっかりと業者を見極めて、無駄な費用がかからないようにしましょう。

一般的に100万円以上かかると言われている耐震性を高める為の工事ですが、工事規模や施工業者によっては50万円代~行なう事が出来ます。
近年は、補強工事の需要が高まって、技術も進歩してきているのでこのような安価な値段で耐震補強工事を行なうことができるようになってきているのです。
また、耐震性をアップさせる工事は国がバックアップしているので、一定の条件をみたすことが出来れば、補助金を受け取ることも出来ます。
このように、補強工事の費用を下げる方法は幾つかありますが、安全に関わる工事なので安く済ませればいいというものではありません。
しっかりと工事業者を見極めて、耐震性の高い業者に依頼できるようにすることが必要になってくるのです。